Top > 



「書道教室探しならココ!書道教室NAVI」では全国の書道教室情報を検索できます。 お近くの書道教室探しにお役立てください。
あなたも文化・芸術を日常に取り入れて心豊かに暮らしませんか? 検索はサイドメニューの「全国書道教室検索」からお探しください。



書道の概要


書道(しょどう)または書(しょ)とは、書くことで文字の美を表そうとする東洋の造形芸術である。カリグラフィーの一種。習字、書写とは違い、文字の習得を目的としていない。中国が起源であるが、日本においては漢字から派生した仮名、韓国に於いてはハングル、ベトナムではチュノムなどが発明されると共にそれぞれ独自の書風が作られている。
主に毛筆と墨を使い、紙の上で表現を行うものを指す。 日展 第五科(書)は、漢字、かな、篆刻、調和体の4領域で実施されている。

書道の道具


毛筆による書道の場合、硯・筆・紙・墨が最低限必要な用具であり、文房四宝と呼ばれる。墨が固体の場合、水も必要となる。このほか、毛氈と呼ばれる下敷きも多用される。

【硯】
絵画におけるパレットと用途は同じである。墨をする、或いは墨汁をためておく役割を果たす。通常石材が用いられる。

【筆】
馬、羊、狸などの動物の毛をまとめて木や竹の柄の先に取り付けたものが一般的である。ほかに、鶏、鼬、マングース、孔雀などもある。

【紙】
大量生産された書道用紙が多く用いられるが、高級なものでは宣紙、和紙なども使用される。

【墨】
インクである。植物油や石油、松などの煤を膠で固め、保存性を高めたものが市販されている。植物油・石油からできたものは「油煙墨」、松からできたものは「松煙墨」という。また、液体として墨汁も多用される。

【文鎮】
紙を固定するための重りである。大きさや重さに特に制限はない。

引用: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』






全国書道教室検索